手のひら健康バレー2分間勝負

ルール・審判法はこちらからダウンロードできます

動画はこちら → 手のひら健康バレー2分間勝負YTl-icon.png

tenohirakennko-bare-2 300.jpg

専用のボール(30g)とネットを用いて、ネット越しにボールの連続パスを2分間で何回できるかを競う。

人数

1チーム6人

隊形

専用のネットをはさんで3人ずつ分かれ向かい合って椅子に座る。

椅子はネットから50cm離して向かい合わせに設置。

ネットの高さ110cm

用具

CG推進本部公認の専用用具(手のひら健康バレーと専用ネット)/椅子・・・6脚
https://shop.recreation.jp/products/detail.php?product_id=30

カウント

競技時間内にアウトにならずネットを超えた回数の合計がチームの得点となる。

競技ルール

・ネットをはさんで3人ずつ向かい合って6人が椅子に座る。

・審判の合図でゲームを開始。

・スタートもしくは一旦中断してプレーを再開するときは、必ず真ん中(2また5)の人から始める。真ん中以外の人からスタートした場合はやり直しとなる。

・手のひらでネット越しのプレイヤーにパスする。

・ネットを超えた数だけカウントする。

・競技時間は2分間とする。

・オーバーネットや味方同士のパス、ドリブル、床にボールが接触してもプレーが続いている場合、競技は続けられるがノーカウントになる。

・ボールをくれた人に返した場合、プレーは続けられるがマイナス1ポイント。

アウト

次の場合マイナス1ポイントとなる。

・椅子から腰を浮かしてプレーした場合。

・肘を伸ばして、上や横のボールを取りに行った場合は注意。2度の注意でアウト。

・椅子から落ちるなど危険性が高い動作をした場合。

審判法

主審

・開始の合図を行う。

・ネットを越えた回数をカウントする。

・注意やアウトの判定を行う。

副審

・開始の合図と同時に競技時間を計測する。最後の10秒はカウントダウンを行う。

・マイナスポイントをカウントする。

・競技終了後、主審にマイナスポイントを報告する。

審判員の位置

審判の位置09手のひら健康バレー.jpg★主審

☆副審

○プレイヤー

このページのトップへ