ニチレクボール・チャレンジ

3メートル離れた場所に置いた目標球(以下、ビュット)に、6個のニチレクボールを全部当てた後、全員でビュットを含む全てのボールの外側を同じ方向に周回して戻るまでのタイムを競う。

人数

1チーム3人以上。

隊形

先頭だけニチレクボールを1個持って、縦一列にスタートラインに待機。

用具

CG推進本部公認の専用用具(ニチレクボール6個、ビュット1個)。
https://shop.recreation.jp/products/list.php?category_id=87

カウント

スタートの合図でニチレクボールを全てビュットに当てた後、全員が全てのボール(ビュット含む)の外側を同じ方向に周回して戻るまでのタイムを計時。

競技ルール

・スタートラインからビュットまでの距離は3メートルとし、さらにビュットから6メートルのスペースを確保する。

・審判の合図で、1人ずつアンダーハンドでボールを投げる。投げる位置はスタートラインの延長線上であれば移動してもよい。

・投げたボールがビュットに当たったら次のボールをつかう。

・ボールはビュットに直接当てるか、もしくは既に投げた他のボールに当たった後当てる事とする。

・投げたボールがビュットに当たらなかった場合は投げた人が取りに行き、取りに行ったボールは次の人に手渡しする。

・使用しないボールは床に置くものとする(各自で持たない)。

・全てのボールをビュットに当てた後、全員でボール(ビュット含む)の外側を同じ方向に周回して、全員がスタートラインを越えた時点のタイムが記録となる。

・ボール(ビュット含む)の外側を周回できないと審判が判断した場合は「タッチ」を宣言し、プレイヤーは周回せずに壁をタッチして戻ってくる。

・投げる人の順番を変えてはいけない。

アウト

・スタートラインを踏み越えてボールを投げてしまったとき。

・ボールが停止する前にスタートラインを越えてボールを拾ったとき。

・スローの際、アンダースローしなかったとき。

・ボールを投げて次の人に渡したとき。

・ボールを拾いに行くとき、はずしたボール以外のボールやビュットに触れたとき。

・ビュットを置いた位置から、ビュットが6メートル先のラインを越えたとき。

・ボールを周回するとき、ボールやビュットに触れたとき。

・競技時間が3分を越えてしまったとき 。

審判法

主審

・開始時に「よ~い、スタート」のコールを行う。
・アウトの判定を行う。
・周回が困難と判断した場合は、最後のボールがビュットに当たった後「タッチ」のコールを行う。

副審

・スタートのコールと同時に競技時間を計測する。

・全員がスタートラインに戻ってきた時に計時を停止させる。

・競技終了後、主審にタイムを報告する。
・アウトの判定を補佐する。

審判員の位置

★主審

☆副審

○プレイヤーnichirekuball.png

このページのトップへ