リング・キャッチ・クロス・10

ルール・審判法はこちらからダウンロードできます

動画はこちら → リング・キャッチ・クロス・10YTl-icon.png

img_ring_catch_cross_10.jpg

1チーム10人5組が向かい合って横に並び、手に持ったリングを順番に斜めの相手にパスしていきます。ひとりだけ色の違うリングを持って始め、そのリングが元の人まで帰ってくるタイムを競います。

人数

1チーム10人(補欠は2名まで可)

隊形

10人全員がリングを1個ずつ持ち、5人が横一列に並び、6mのニュートラルゾーンを挟んで向かい合います。端にいる人の中からひとりだけは別の色のリングを持ちます。

用具

チャレンジ・ザ・ゲーム推進本部公認ゴム製リング(直径16.5cm、太さ3cmの円形)/10個(9個黄色+1個赤色、または、9個赤色+1個黄色)

カウント

別色のリングが最初の人に戻ってくるまでのタイムを図ります。

競技ルール

10人中9人は同じ色のリングを持ち、ひとりは別の色のリングを持って配置につきます。
ニュートラルゾーンを挟んで5人ずつに別れ、向かい合って立ちます。別色のリングを持った人(基準となる人)は列の端に位置します。
スローイングはアンダーハンドスローとし、別色のリングを持った人が「1.2.3」のリズム(例えば「セー、ノ、スロー」など)の掛け声をかけて、向かいの列へ一斉にスローイングします。投げる相手は並び順によって異なり、左端の人から順に、向かいの列の正面に位置する人、右向かい斜めに位置する人、左向かい斜めに位置する人、右向かい斜めに位置する人、左向かい斜めに位置する人をめがけてスローイングします。
スローイングと同時に、ニュートラルゾーンを挟んだ向かいの列からスローイングされたリングをキャッチします。全員がニュートラルゾーンの外側にいることを確認後、別色のリングをキャッチした人が掛け声をリードし、一斉にスローイングとキャッチを続けます。
キャッチに失敗した場合は素早くリングを拾い上げ、ニュートラゾーンの外側に戻ります。ニュートラルゾーン内でキャッチした場合も、素早くニュートラルゾーンの外側に戻ります。
別色のリングが1周し、最初の人(基準となる人)に戻ってくるまでのタイムを競います。ただし、別色のリングが最初の人に戻ってくる際、ニュートラルゾーン内でキャッチした場合は、ニュートラルゾーンの外側に出た時点のタイムとします。
チャレンジは3回までとし、1番良い記録をチーム記録とします。
3回とも失敗した場合は記録無しとなります。
試技ごとのメンバーの並び替え、交替は認められます。

ringcatchcross10.jpg

アウト

スローイングは必ずニュートラルゾーンの外側から行うこととし、スローイング時にラインを踏んだり、ラインの内側に踏み入れた状態でスローイングした場合。
競技者以外の人が故意にリングに触れた場合。

審判法

主審

・ 開始時に「よ~い、スタート」のコールを行う。
・ アウトの判定を行う。失敗や失格行為などがあった時、笛などでアウトのコールを行い、競技を一旦止める。

・ 別色のリングが1週し、基準となる人がニュートラルゾーンの外側でキャッチした時(または、キャッチに失敗した場合はリングを拾い上げニュートラルゾーンの外側に戻った時)にゴール」とこコールし、副審にタイムを確認する。

・ 確認後「ただいまのタイム〇〇秒〇〇」と読み上げる(100分の1秒まで)

副審

・ スタートと同時にストップウォッチを押し、主審の「ゴール」のコールまでの計時を計る。
・ ゴール後、主審にタイムを報告する。
・アウトの判定を補佐する。

審判員の位置

審判の位置15リングキャッチクロス10.jpg★主審

☆副審

〇プレイーヤー

●基準となる人



必要な用具について

ペア・リング・キャッチ・クロス(赤1・黄9)セット

ペア・リング・キャッチ・クロス(黄1・赤9)セット

リングテニス用リング(赤)1個

リングテニス用リング(黄)1個

https://shop.recreation.jp/products/detail.php?product_id=58

このページのトップへ