ロープ・ジャンピング・10

ルール・審判法はこちらからダウンロードできます

動画はこちら → ロープ・ジャンピング・10YTl-icon.png

img_rope_jump_10.jpg

ロープに10人が順番に入り、10人全員が縄の中に入ったところからカウントをスタート。途中でミスをしないよう、ドキドキハラハラの緊張感が楽しめます。チャレンジ・ザ・ゲーム種目の中でも初期に開発されたなわとび種目で、運動量もあり、永く愛好されています。

人数

1ーム12人(補欠は2名まで可)

隊形

ロープの「回し役」2人がロープを持ち、「跳び役」10人が一列に並びます。

用具

チャレンジ・ザ・ゲーム推進本部公認ロープ
https://shop.recreation.jp/products/detail.php?product_id=134

カウント

全員が跳び始めた時点からカウントし、連続して成功した回数を記録とします。

競技ルール

・10人目が加わり、全員が跳んだ時点からカウントを開始します。
 競技時間内で失敗した場合は、何回でもチャレンジすることができます。

このページのトップへ