令和2年度教員免許更新講習

  • 受講対象者

    本講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許状を有する者で、以下に該当する者です。

    (1)現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)で、「有効期間の満了の日」または「修了確認期限」が下記に該当 する者
     ●旧免許状所持者で「修了確認期限」が以下の方
     【令和3年3月31日に修了確認期限を迎える旧免許状所持者(第1グループ<平成23年3月31日が修了確認期限>の期間で更新手続きをした者)】
     昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれ
     昭和40年4月2日~昭和41年4月1日生まれ
     昭和50年4月2日~昭和51年4月1日生まれ

     【令和4年3月31日に修了確認期限を迎える旧免許状所持者(第2グループ<平成24年3月31日が修了確認期限>の期間で更新手続きをした者)】
     昭和31年4月2日~昭和32年4月1日生まれ
     昭和41年4月2日~昭和42年4月1日生まれ
     昭和51年4月2日~昭和52年4月1日生まれ

     ●新免許状所持者で「有効期間の満了の日」が令和3年3月31日、もしくは令和4年3月31日の方

    また、今後教員になる可能性が高い者として、
    (2)教員採用内定者
    (3)教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
    (4)過去に教員として勤務した経験のある者
    (5)認定こども園で勤務する保育士
    (6)認可保育所で勤務する保育士
    (7)幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士
    も更新講習を受講することができます。

    詳細は文部科学省ホームページを参照ください。
    教員免許状の有効期間は文部科学省ホームページ「教員免許状の有効期 間確認ツールについて」にてご確認ください。

    ※日本レクリエーション協会が開設する講習は「教諭」を対象としており、「養護教諭」「栄養教諭」等は履修認定の対象とはなりません。
    ※本講習の内容は、主に幼稚園、小中学校教諭を対象としていますが、所持する免許状の種類が「教諭」であれば、高等学校・特別支援学校に勤務さ れていても受講は可能です。
    ※「有効期間の満了の日」または「修了確認期限」を延期している場合、免許状更新講習の受講期間は延期後の「有効期間の満了の日」または「修了 確認期限」から起算する必要があります。受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習として認められません。

    講習内容

    【選択領域:教育現場に活かすレクリエーション活動の体験学習】
    レクリエーション活動は単に楽しいだけでなく、意図的・計画的に活用することで、コミュニケーションを深めながら、教師と子どもたちとの信頼関 係を築くことができます。
    また、子どもたち同士の良好な人間関係を築きながら、自主的、実践的な態度を育てることができます。
    本講習では、学校・幼稚園の様々な場面で活用できる多様なレクリエーション活動の体験を通し、コミュニケーションを深めるための基盤となるレク リエーション支援の理論と手法を学びます。

    【選択領域:遊びが運動になるレクリエーションプログラムの体験学習】
    外遊びや集団で体を動かして遊ぶことは、社会性の基礎を身に付けたり、成功体験によって意欲的な態度を育てたりするとともに、体力や運動能力の 向上に大きな効果をもたらします。
    本講習は、体育の授業や外遊びなどで活用でき、運動が苦手な子も体を動かす楽しさが味わえる運動遊びや、仲間と協力しながら課題に挑戦する集団 遊びなど、"遊びが運動になるレクリエーション活動"を体験し、その活用方法を学びます。

    【選択領域:子どもたちに合わせたレクリエーション活動のアレンジ法】
    教育現場で行われる様々なレクリエーション活動(遊びやゲーム、スポーツ等)は、決められたルール、決められた用具等で行うことが多く、対象に 合わせて活動を選択する傾向があります。
    しかし、ルールや用具にとらわれず、対象となる子どもたちに合わせたレクリエーションのアレンジ法を活用することで、1つの活動が様々な子ども たちに楽しんでもらうことができます。
    本講習は、アレンジ法を活用した様々なレクリエーション活動の体験を通し、子どもたちが夢中になる心のしくみの理解とアレンジの手法を学びます 。

    講習時間

    【教育現場に活かすレクリエーション活動の体験学習】12時間
    【遊びが運動になるレクリエーションプログラムの体験学習】6時間
    【子どもたちに合わせたレクリエーション活動のアレンジ法】6時間

    受講料

    【教育現場に活かすレクリエーション活動の体験学習】12,000円
    【遊びが運動になるレクリエーションプログラムの体験学習】6,000円
    【子どもたちに合わせたレクリエーション活動のアレンジ法】6,000円

    定員

    ※定員はありません

    受付期間

    令和2年2月17日(月)10時~令和2年6月26日(金)17時30分

    申込みから受講までの流れ

    1. 下のボタン「仮申込みをする」をクリックし、「仮申込みをする前に」画面で受講申込みにあたり注意事項を確認し、承認する場合はチェックを 入れ、メールアドレスを登録します。
    2. 日本レクリエーション協会より、登録したメールアドレスに「『仮申込み』のご案内」という件名でメールが送信されます。
    3. メール本文に記載された「仮申込みURL」にアクセスし、仮申込みページで必要事項を入力し、送信します。送信後、「仮申込み完了メール」が届 きます。
      ※ご希望の講習について、最寄りの都道府県名を選択してください。
    4. 「マイページ」から受講申込書(PDF)をダウンロードし、印刷します。
    5. 受講申込書に顔写真を貼付、捺印し、学校長等から受講対象者であることの証明をもらいます。
    6. 受講料を指定口座に振り込みます。
    7. 受講申込書と受講料納入の受領証もしくはご利用明細票(コピー可)を同封のうえ、日本レクリエーション協会へ郵送します。
    8. 受講申込書と受講料納入の受領証もしくはご利用明細票(コピー可)が日本レクリエーション協会に届き、受理された方には「本申込み完了メー ル」が送信され、受講受付完了となります。
    9. 7月3日(金)までに日本レクリエーション協会より「受講案内メール」が送信されます。
    10. 「マイページ」から受講案内をダウンロードし、案内に従い指定のサイトにログインして受講ガイダンス動画を視聴します。
    11. 7月20日(月)までに日本レクリエーション協会より、事務連絡、テキスト教材、試験返送用封筒、受講評価票等が送付(郵送)されます。
    12. 7月25日(土)~8月23日(日)の間に、選択した講習の動画教材を視聴し、演習課題等に取り組んでいただきます。
    13. 8月31日(月)までに、試験用紙を返信用封筒にて提出します。
    14. 試験に合格した者は、9月14日(月)以降に、教員免許状更新講習の「マイページ」より「履修証明書」がダウンロードできるようになります。

    インターネット受講方法

    • 7月25日~8月23日の間に、インターネット(オンデマンド式)にて受講(動画教材を視聴)します。
    • 動画教材は1回60分の動画(演習課題等に取り組む時間を含む)を講習に応じた回数を視聴して学習します。
      ※講習時間(履修認定時間)が12時間の場合は12回、6時間の場合は6回視聴
    • 7月3日までにメール送信する受講案内に従い、受講期間前にガイダンス動画を視聴していただきます。
      ※動画はパソコン、タブレット、スマートフォンでの視聴が可能
      ※カメラ付でなくても可能
      ※ガイダンス動画を視聴できない場合には、個別に対応
    • 受講にあたっては、動画教材と別に郵送するテキスト教材を使用し、講義の視聴と合わせ演習課題等に取り組みながら学習します。
    • 受講後、郵送する試験問題に自宅で取り組み、返送用封筒にて試験を提出します。
  • 教育現場に活かすレクリエーション活動の体験学習

    レクリエーション活動は単に楽しいだけでなく、意図的・計画的に活用することで、コミュニケーションを深めながら、教師と子どもたちとの信頼関 係を築くことができます。
    また、子どもたち同士の良好な人間関係を築きながら、自主的、実践的な態度を育てることができます。
    本講習では、学校・幼稚園の様々な場面で活用できる多様なレクリエーション活動の体験を通し、コミュニケーションを深めるための基盤となるレク リエーション支援の理論と手法を学びます。

    ■到達目標

    ◎子どもと教師、子ども同士のコミュニケーションを深め、信頼関係を築くための基盤となるレクリエーション支援の理論と手法を理解

    • 子どもと教師、子ども同士の心の壁を取り除くアイスブレーキングと信頼関係を構築するホスピタリティについての理解
    • 心理的な仕組みに基づき、小さな成功体験を積み重ねながら、個人及び集団としての効力感を高めるなど、相互作用を活用した手法の理解
    • 対象となる子ども(年齢等)に応じたレクリエーションプログラムの立案方法など、実践力の習得

    ■講習方法

    本講習は対面式講習での実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、通信式の講習に切り替えて実施します。その関係で、 当初レクリエーション活動の体験を通した学習としていましたが、レクリエーション支援を行っている動画をもとに、基本となる考え方と支援技術の 解説、展開方法を学びます。

    通信講座は7月25日(土)~8月23日(日)の間、指定するwebサイトにログインし、動画教材とテキスト教材により受講していただきます。動画教材は 、1回60分(演習課題等を含む)で、合計12回あります。
    テキスト教材は動画教材の概要を整理するとともに、学校現場で活用いただけるレクリエーション活動(ゲーム集)も盛り込んでいますので、講習を 振り返りながら9月以降の学校現場で活かしていただけます。

    ○第1回 レクリエーションの意義・教育的効果
    ○第2回 レクリエーション活動を用いたアイスブレーキング
    ○第3回 楽しさをとおした心の元気づくりと良好な集団づくりの理論
    ○第4回 アイスブレーキングの効果を高める支援技術
    ○第5回 心の仕組みに合わせ子どもたちのやる気を引き出す支援技術
    ○第6回 相互作用を引き出し活用する支援技術
    ○第7回 心理学に基づくレクリエーションの支援技術の裏付け
    ○第8回 レクリエーションの支援技術・実践演習
    ○第9回 相手に寄り添い信頼関係を築くホスピタリティ
    ○第10回 場面・目的に合わせたレクリエーション活動の実際1
    ○第11回 場面・目的に合わせたレクリエーション活動の実際2
    ○第12回 教育現場におけるレクリエーションの期待

    ■履修認定の方法と成績評価の基準

    履修認定のための筆記試験(講習内容の基本的な事項の確認等)を実施します。
    試験は自宅にて行い、日本レクリエーション協会に返信用封筒(料金受取人払い)にて提出します。
    合否は100点を満点として採点し、得点60点以上について履修の認定(履修証明書の発行)を行うこととします。

    ■講習時間

    12時間

    ■受講料

    12,000円

    遊びが運動になるレクリエーションプログラムの体験学習

    外遊びや集団で体を動かして遊ぶことは、社会性の基礎を身に付けたり、成功体験によって意欲的な態度を育てたりするとともに、体力や運動能力の 向上に大きな効果をもたらします。
    本講習は、運動が得意な子も苦手な子も、体を動かす楽しさが味わえる運動遊びや、仲間と協力しながら課題に挑戦する集団遊びなど、遊びが運動に なるレクリエーション活動を体験しながら学びます。

    ■到達目標

    ◎体育、休み時間、学級活動、園における日常的な活動等への活用が期待される「遊びが運動になる・運動が遊びになるプログラム」の体験を通し、 その基本的な考え方や運動能力等に応じた展開方法を理解する

    • 体を動かす心地よさを実感し、伝承遊びや集団遊びがもたらす効果の確認
    • 課題への挑戦意欲を引き出し、主体的な取り組みを促すプログラムの体験を通した理解
    • 子どもの体力の現状の確認

    ■講習方法

    本講習は対面式講習での実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、通信式の講習に切り替えて実施します。
    その関係で、当初レクリエーション活動の体験を通した学習としていましたが、遊びが運動になる活動等の動画をもとに、体を動かして遊ぶ意義・レ クリエーション支援の効果等を学びます。

    ○第1回  集団で体を動かして遊ぶ意義・レクリエーション支援の効果
    ○第2回  子どもの体力の現状とその原因
    ○第3回  遊びが運動になる、運動が遊びになるレクリエーション活動1
    ○第4回  遊びが運動になる、運動が遊びになるレクリエーション活動2
    ○第5回  遊びが運動になる、運動が遊びになるレクリエーション活動3
    ○第6回  遊びを運動にするレクリエーションの手法

    ■履修認定の方法と成績評価の基準

    履修認定のための筆記試験(講習内容の基本的な事項の確認等)を実施します。
    試験は自宅にて行い、日本レクリエーション協会に返信用封筒(料金受取人払い)にて提出します。
    合否は100点を満点として採点し、得点60点以上について履修の認定(履修証明書の発行)を行うこととします。

    ■講習時間

    6時間

    ■受講料

    6,000円

    子どもたちに合わせたレクリエーション活動のアレンジ法

    教育現場で行われる様々なレクリエーション活動(遊びやゲーム、スポーツ等)は、決められたルール、決められた用具等で行うことが多く、対象に 合わせて活動を選択する傾向があります。
    しかし、ルールや用具にとらわれず、対象となる子どもたちに合わせたレクリエーションのアレンジ法を活用することで、1つの活動が様々な子ども たちに楽しんでもらうことができます。
    本講習は、アレンジ法を活用した様々なレクリエーション活動の体験を通し、子どもたちが夢中になる心のしくみの理解とアレンジの手法を学びます 。

    ■到達目標

    ◎アレンジ法を活用した様々なレクリエーション活動の体験を通し、子どもたちが夢中になる心のしくみと、年齢や体力など個々の特性に応じたプロ グラムの展開方法を理解する

    • レクリエーション活動を対象者に合わせる(アレンジする)考え方の理解
    • できることからはじめ、挑戦しがいのある目標を設定する段階的なアレンジの理解
    • ニュースポーツなど、複雑なルールや技術を分解して楽しむ方法の理解

    ■講習方法

    本講習は対面式講習での実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、通信式の講習に切り替えて実施します。
    その関係で、当初レクリエーション活動の体験を通した学習としていましたが、レクリエーション活動等の動画をもとに、対象者に合わせたアレンジ 方法を学びます。

    通信講座は7月25日(土)~8月23日(日)の間、指定するwebサイトにログインし、動画教材とテキスト教材により受講していただきます。動画教材は 、1回60分(演習課題等を含む)で、合計6回あります。
    テキスト教材は動画教材の概要を整理するとともに、学校現場で活用いただけるレクリエーション活動も盛り込んでいますので、講習を振り返りなが ら9月以降の学校現場で活かしていただけます。

    ○第1回  レクリエーションの意義・教育的効果
    ○第2回  レクリエーション活動の紹介
    ○第3回  対象者に合わせたアレンジ方法1
    ○第4回  対象者に合わせたアレンジ方法2
    ○第5回  心の仕組みに合わせた楽しさ
    ○第6回  レクリエーション活動のアレンジ実践

    ■履修認定の方法と成績評価の基準

    履修認定のための筆記試験(講習内容の基本的な事項の確認等)を実施します。
    試験は自宅にて行い、日本レクリエーション協会に返信用封筒(料金受取人払い)にて提出します。
    合否は100点を満点として採点し、得点60点以上について履修の認定(履修証明書の発行)を行うこととします。

    ■講習時間

    6時間

    ■受講料

    6,000円

  • 仮申込み手順

    1. ページ最下部にあるボタン「仮申込みをする」をクリックし、「仮申込みをする前に」画面で受講申込みをする際の注意事項を確認し、「承認」 する場合はチェックを入れ、メールアドレスを登録します。
      ※チェックが入らない場合は受講申込みをすることができません。
    2. 日本レクリエーション協会より、登録したメールアドレスに「『仮申込み』のご案内」という件名でメールが送信されます。
      ※メールが届かない場合は、登録したメールアドレスが間違っているか、ドメイン受信設定をしている可能性があります。ドメイン受信設定をしてい る場合は、必ず「@recreation.or.jp」が受け取れるようにしてから再度、メールアドレスの登録をしてください。
    3. メール本文に記載された「仮申込みURL」にアクセスし、仮申込みページで必要事項を入力し、送信します。
      ※入力した内容から受講対象外と判断される場合はエラーメッセージが表示されます。
      ※受講希望講習選択では、希望する講習について、最寄りの都道府県名を選択してください。
    4. 先に登録したメールアドレスに、「仮申込み完了メール」が送信されます。
      ※原則として、「仮申込み完了メール」は、仮申込み完了後、すぐに仮申込みページに入力したメールアドレスに自動返信されます。返信がない場合 は、必ず「留意事項・問い合わせ」内の「問い合わせ先」にあるメールにて、氏名・メールアドレスのほか、不達の旨を記し、ご連絡ください。
      ※仮申込み完了後、10日以内に「仮申込み完了メール」が不達の旨のご連絡がない場合は、「仮申込み完了メール」を受信されたものとみなします。

    受講申込み手順

    1. 「マイページ」から受講申込書(PDF)をダウンロードし、印刷します。
    2. ※受講申込書の郵送は行っておりません。必ずご自身で印刷してください。
    3. 印刷した受講申込書に記載される内容を確認します。訂正事項があった場合は、「マイページ」より、訂正箇所に応じて「個人情報」「就業状況 」「免許状情報」等のボタンより登録情報を修正し、再度、受講申込書(PDF)をダウンロードし直してください。
      ※受講申し込みに使用する受講申込書は、必ず修正が反映されたものを出力し、使用ください。
    4. 受講申込書に顔写真を貼付し、捺印します。
    5. 受講申込書に学校長等から受講対象であることの証明(署名・捺印)をもらいます。
    6. 受講料を振り込みます(手数料はご負担ください)。
      振り込み先 ●郵便局からの納入
      郵便局備え付けの振替用紙をお使いください。
      通信欄に「更新講習申込み」と明記してください 。
      <郵便振替>
      【口座番号】 00140-2-601702
      【口座名義】公益財団法人日本レクリエーション協会

      ●銀行振込 での納入
      【銀行支店】みずほ銀行 九段支店
      【口座番号】普通口座1029843
      【口座名義】公益財団法人日本レクリエーシ ョン協会
    7. 受講申込書と受講料納入の受領証もしくはご利用明細票(コピー可)を同封のうえ、日本レクリエーション協会に郵送します。
      郵送先 〒110-0016 東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階
      公益財団法人 日本レクリエーション協会
      教員免許状更新講習係 行
      締め切り 仮申込み完了後、原則40日以内、または6月30日(火)のいずれかの早い日までに必着
    8. 受講申込書に不備がなく、受講料納入の確認ができましたら、「本申込み完了メール」が送信され、受講受付完了となります。

    ※締め切り日を経過しても日本レクリエーション協会に受講申込書などが届かない場合は、ご本人の了承なしに仮申込みの受付を解除することがあり ます。
    ※受講申込書を郵送後、10営業日が経過しても「本申込み完了メール」が届かない場合は、「留意事項・問い合わせ」内の「問い合わせ先」にあるメ ールにて、氏名・メールアドレスのほか、不達の旨を記し、ご連絡ください。
    ※「受講申込み受付最終日(6月30日)」を過ぎてから届いた受講申込書の返却はいたしません。
    ※「受講申込み受付最終日(6月30日)」を過ぎてから受講申込書が届いた場合、入金されている受講料は、振込口座をお知らせいただいたうえで、事 務手数料500円を差し引いた金額を振込にて返金いたします。事務手数料500円の他に振込手数料はご本人様負担となります。
    ※受講をキャンセルされる場合は、必ず「留意事項・問い合わせ」内の「問い合わせ先」にあるメールにて、氏名・メールアドレスのほか、キャンセ ルを希望する講習名を記し、ご連絡ください。
    ※複数講習を受講する場合、受講料は一括納入してください。
    ※受講料納入の受領証もしくはご利用明細票(コピー可)は、必ず受講申込書と合わせて郵送ください。その際、必ず控えはご本人様のお手元で保管 ください。

    受講手順

    1. 受講受付完了後、7月3日(金)までに日本レクリエーション協会より「受講案内メール」が送信されます。
    2. 「マイページ」より、受講案内をダウンロードし、ガイダンス動画視聴方法及び、受講方法を確認します。
      ※受講期間までに指定のURLからガイダンス動画が視聴できるか確認していただくとともに、受講方法の詳細をご確認いただきます。
    3. 7月20日(月)までに、事務連絡、テキスト教材、試験返送用封筒、受講評価票等が送信されますので、事務連絡の内容及び同封物を確認します。
    4. 7月25日(土)~8月23日(日)までの間に、各講習のすべての動画を視聴し、講習を受けます。
    5. 受講受付完了後、6月26日(金)までに日本レクリエーション協会より「受講案内メール」が送信されます。
    6. 受講受付完了後、6月26日(金)までに日本レクリエーション協会より「受講案内メール」が送信されます。
      ※履修認定基準に達しなかった方へは、9月14日(月)までにお知らせいたします。

    更新手続き

    履修証明書出力後は、他機関で受講した履修証明書と合算して、30時間以上となる履修証明書を添付して、以下の期日までに免許管理者(現職教員の 場合は勤務する学校が所在する都道府県教育委員会、現職教員でない場合はお住まいのある都道府県教育委員会)に「更新講習修了確認」のための申 請を行ってください。

    ■旧免許状所持者
    【令和3年3月31日に修了確認期限を迎える旧免許状所持者(第1グループ<平成23年3月31日が修了確認期限>の期間で更新手続きをした者)】
    申請期限/令和3年1月31日
    【令和4年3月31日に修了確認期限を迎える旧免許状所持者(第2グループ<平成24年3月31日が修了確認期限>の期間で更新手続きをした者)】
    申請期限/令和4年1月31日
    ■新免許状所持者
    【有効期間の満了の日が令和3年3月31日の方】申請期限/令和3年1月31日
    【有効期間の満了の日が令和4年3月31日の方】申請期限/令和4年1月31日

    ※申請方法や提出書類は各免許管理者により異なります。申請方法および必要書類は必ず免許管理者に確認してください。
  • 「仮申込み」をする前に

    • 「仮申込みをする前に」画面で受講申込みにあたり「承認」にチェックが入らない場合は受講申込みをすることができません。
    • スマートフォンや携帯電話等でメールをドメイン指定受信等に設定している場合は、必ずドメイン指定受信を解除するか、「@recreation.or.jp 」が受け取れる設定にしてから仮申込みをしてください。
    • 仮申込みをされた後に日本レクリエーション協会から返信される「仮申込み完了メール」には、URLが記載されています。フィルタリング設定をさ れているスマートフォンや携帯電話等は、「仮申込み完了メール」がフィルタリングの対象となる場合があります。必ず設定を解除してから仮申込み をしてください。

    スマートフォンや携帯電話での登録について

    • 仮申込みは、携帯電話やスマートフォンからでも登録可能です。仮申込みの際に登録いただいたメールアドレスに、「仮申込み完了メール」が送 信されます。
    • 仮申込みの作業は携帯電話やスマートフォンで行い、登録のメールアドレスをご自宅のパソコンのメールアドレスにすれば、ご自宅のパソコンに 「仮申込み完了メール」が送信されます。

    教員免許状の有効期間について

    仮申込み全般について

    • 仮申込み受付は、2020年2月17日(月)10時から2020年6月26日(金)17時30分までとします。
    • 仮申込みはwebのみとします。
    • 定員は設けません。
    • 一度、「仮申込み」をしたにもかかわらず、改めて異なるメールアドレスで登録をされると二重登録となってしまいます。異なるメールアドレス で登録し直さないようお願いします。

    受講対象について

    • 本講習は「教諭」を対象としており、「養護教諭」「栄養教諭」等は受講の対象とはなりません。
    • 上記対象の他にも、「教諭」の免許状所持者で、認定こども園、認可保育所の保育士及び幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設の保育士 として勤務されている方で、今後、教諭として勤務する見込みがある方も対象としています。詳細は概要内の「受講対象者」をご覧くだ さい。

    受講申込みについて

    • 仮申込み完了後、原則40日以内、または6月30日(火)のいずれか早い日までに必着となるよう、受講申込書と受講料納入の受領証もしくはご利用 明細票(コピー可)を同封のうえ、日本レクリエーション協会に郵送してください。
    • 締め切り日を経過しても日本レクリエーション協会に受講申込書等が届かない場合は、ご本人の了承なしに仮申込みの受付を解除することがあり ます。

    「受講希望講習」のキャンセルについて

    • 一度登録された「受講希望講習」をキャンセルされる場合は、必ず本ページ最下部の「問い合わせ先」にあるメールに、氏名・メールアドレスの ほか、キャンセルを希望する講習を明記し、ご連絡ください。キャンセル処理が終了しましたら、登録されているメールアドレスにご連絡いたします 。

    「受講希望講習」の変更について

    《「仮申込み」の段階》

    • 一度登録された「受講希望講習」を変更される場合は、必ず本ページ最下部の「問い合わせ先」にあるメールに、氏名・メールアドレスのほか、 希望する講習の変更内容を明記し、ご連絡ください。
    • 受講申込書は、変更した内容が反映されている「受講申込書」をダウンロードし、受講申込み手順に沿ってお送りください。

    《「本申込み完了」の段階》

    • 「本申込み完了」後、受講講習の変更を希望される場合は、必ず本ページ最下部の「問い合わせ先」にあるメールに、氏名・メールアドレスのほ か、すでに本申込みが完了している旨と、希望する講習の変更内容を明記し、ご連絡ください。
    • 「受講希望講習」の変更後、変更した内容が反映されている「受講申込書」をダウンロードし、印刷したものを新たに日本レクリエーション協会 まで必ず郵送ください。その際の「受講申込書」は、顔写真の貼付・捺印・証明者の記入および、受講料納入の受領書の添付は必要ございません。

    受講料納入について

    • 受講料は指定の口座にお振込みください。手数料は各自のご負担となります。
    • 複数講座を受講の場合は一括納入してください。
    • 受講料の納入を証明する受領証もしくはご利用明細票(コピー可)は、必ず受講申込書と合わせて郵送ください。その際、必ず控えはご本人様の お手元に保管ください。
    • 受講料の納入を証明する受領証もしくはご利用明細票は、必ず、入金日(取扱日)と入金額(取引金額)、入金先、依頼人が明記されているもの を郵送ください。
    • ネットバンキングでご入金された場合は、入金情報(入金日<取扱日>、入金額<取引金額>、入金先、依頼人)が確認できる画面をプリントア ウトし、受講申込書と合わせて郵送ください。

    「受講申込み受付最終日(6月30日)」以降の受講申込書送付について

    • 「受講申込み受付最終日」を過ぎてから届いた受講申込書は返却いたしません。
    • 「受講申込み受付最終日」を過ぎてから受講申込書が届いた場合の受講料は、振込口座をお知らせいただいたうえで、事務手数料500円を差し引い た金額を振込(振込手数料はご本人様負担)にて返金いたします。

    「本申込み完了メール」について

    • 受講申込書を郵送後、10営業日が経過しても「本申込み完了メール」が届かない場合は、本ページ最下部の「問い合わせ先」にあるメールに、氏 名・メールアドレスのほか、不達の旨を必ずご連絡ください。

    受講案内について

    • 7月3日(金)までに、「受講案内メール」が送信されます。メール受信後、「マイページ」より、受講案内をダウンロードし、ガイダンス動画視 聴方法及び、受講方法を確認します。
      ※受講期間までに指定のURLからガイダンス動画が視聴できるか確認していただくとともに、受講方法の詳細をご確認いただきます。
      ※ガイダンス動画が視聴できない場合には、7月25日までに本ページ最下部の「問い合わせ先」にあるメールに、氏名・メールアドレスと合わせ、視聴 できない旨を必ずご連絡ください。

    インターネットによる動画教材の視聴について

    • 7月25日~8月23日の間に、ご自身の都合に合わせてインターネット(オンデマンド式)にて受講(動画教材を視聴)します。
      ※8月24日以降は視聴できなくなります。
    • 動画教材は1回60分(演習課題に取り組む時間を含む)とし、講習により回数が異なります。
      ※1回の動画を数回に分けて視聴することは可能です。
      ※すべての動画を視聴しないと履修単位を認定することができません。
    • 使用する機器は、パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれも可能です。
      ※パソコンはカメラ付きである必要はありません。
      ※1つのパソコンを共有し、職場仲間等と一緒に視聴しても構いません。
      ※7月3日までにお送りする事前案内に沿ってガイダンス動画を視聴いただく際、視聴できない場合は個別に対応します。
    • その他、受講案内メール及びテキスト教材等を郵送する事務連絡にて、インターネットによる動画教材の視聴方法の詳細をお知らせします。
    • 受講後、郵送する試験問題に自宅で取り組み、返送用封筒にて試験用紙を提出します。

    登録情報の取り扱いについて

    • 個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供することはありません。

    日本レクリエーション協会からの連絡について

    • 申込みから受講までの手続きの中で、必要な場合は登録された電話番号に連絡を入れさせていただくことがあります。
    • 登録された電話番号でご本人と連絡が取れない場合は、勤務先に連絡を入れさせていただくことがあります。

    履修証明書について

    • 履修認定基準に達した方は、9月14日(月)より「マイページ」にて履修証明書をダウンロードすることができます。
      ※履修認定基準に達しなかった方へは、9月14日(月)までに郵便にてお知らせいたします。
    • 令和元年に受講された講習の履修証明書の再発行を希望される場合は、受講年度、講習名、受講日、氏名(フルネーム)を明記したうえで、履修 証明書再発行希望の旨を記し、「返信用の角2封筒(返信先を記入)」と「120円切手)」を日本レクリエーション協会まで送付ください。封筒が届き 次第、履修証明書を再発行いたします。
    • 履修証明書は更新講習修了確認時に必要となります。大切に保管してください。

    キャンセル料について

    受講受付完了後、講習をキャンセルされた場合は、キャンセルされた期日により以下のようなキャンセル料を頂戴いたします。あらかじめご了承くだ さい。
    ・8日以前・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1,500円
    ・7日前~2日前・・・・・・・・・・・・・ 3,000円
    ・前日・当日・・・・・・・・・・・・・・・・・ 全額
    ※振込口座をお知らせいただいたうえで、キャンセル料を差し引いた金額を振り込み(振込手数料はご本人様負担)にて返金いたします。
    ※キャンセル料は1つの講習につき発生します。2つの講習の受講受付が完了している場合、2つの講習をキャンセルすると、それぞれの講習にキャンセ ル料(合計3,000円)が発生します。

    受講料の返金について

    キャンセルを含め、受講料の返金が発生した場合は振込口座をお知らせいただいたうえでお振込み(振込手数料はご本人様負担)にて返金いたします 。
    ※振込口座は必ずメールにてお知らせください。
    ※2020年12月31日までに振込口座をお知らせいただけない場合は、キャンセル料を含め、お振込みいただいた受講料の返金ができないことをご了承く ださい。

    IDとパスワードについて

    • IDは、「仮申込みをする前に」で登録されたメールアドレスとなります。以後、日本レクリエーション協会からの連絡は、原則、登録されたメー ルアドレスにお送りいたします。メールアドレス(ID)を変更される場合は、「マイページ」にてお願いいたします。
    • パスワードを忘れた方は、ログイン画面にある「※パスワードを忘れた方はこちらからパスワード変更申請を行ってください。」から再度設定し 直してください。
    • 「仮申込み」の際に入力されたパスワードは日本レクリエーション協会では管理しておりません。紛失されないよう、必ずご自身で管理ください 。

    登録情報の変更について

    住所、氏名などの登録情報が変更となった場合は、必ず「マイページ」にて修正をお願いします。

    《「仮申込み」の段階》

    • 登録情報変更前に「受講申込書」をダウンロードしている場合は、再度「受講申込書」をダウンロードいただき、修正が反映された「受講申込書 」を使用いただき、受講申込みの手続きを進めてください。

    《「本申込み完了」の段階》

    • 登録情報を変更後は、変更した内容が反映されている「受講申込書」をダウンロードし、再提出の旨を書き添えたメモを同封したうえで、必ず印 刷したものを新たに日本レクリエーション協会まで郵送ください。その際の「受講申込書」は、顔写真の貼付・捺印・証明者の記入および、受講料納 入の受領書の添付などは必要ございません。

    問い合わせ先

    公益財団法人 日本レクリエーション協会
    教員免許状更新講習 係
    E-mail:kyouin-menkyo@recreation.or.jp

「仮申込み」は6月26日(金)をもって終了いたしました

このページのトップへ