三笠宮崇仁親王殿下を偲んで

 三笠宮崇仁親王殿下が、10月27日午前8時34分、聖路加国際病院において薨去(こうきょ)されました。miyasama.jpg
 崇仁親王殿下は、戦後すぐにフォークダンスの普及に取り組まれ、全国レクリエーション大会の開催

にも力を尽くされました。
 昭和26年より日本レクリエーション協会の総裁を務められ、平成2年より名誉総裁、平成18年から

今日まで、名誉顧問として日本レクリエーション協会をお支えくださいました。

日本のレクリエーション運動を牽引

 1947(昭和22)年、日本レクリエーション協議会が発足し、翌1948(昭和23)年に

財団法人日本レクリエーション協会が設立されました。
 三笠宮崇仁親王殿下は、1949(昭和24)年に、日本各地でフォークダンスの普及を行っていた

W・ニブロ氏(進駐軍民事部所属)主催のパーティーに招待され、それ以降、フォークダンスの普及

に取り組まれました。
 また当時、日本で「レクリエーション」という言葉を知らない人が多いなかで、その社会的な意義や

重要性を広められ、1950(昭和25)年に北海道(帯広)で開催された第4回全国レクリエーション大会に

大会総裁として初めてご臨席され、1951(昭和26)年に日本レクリエーション協会総裁に就任されました。

その際、協会の法人組織としての基本財産の窮状を心配され、当時5万円の寄贈を賜って基本金に加え、

法人としての基盤を支えていただいたというエピソードも残っています。
 崇仁親王殿下は、1990(平成2年)に名誉総裁になられるまで、毎年の全国レク大会にご臨席され、

開会式においてお言葉をいただきました。大会の中では、フォークダンスの輪に加わり、参加者とも積極的に

交流をしていただきました。
 崇仁親王殿下の日本のダンス界への深いご理解と発展へのご協力に対しては、1980(昭和55年)に、

世界ダンス界の〝オスカー賞〟ともいわれる「カール・アラン賞」が贈られています。
 崇仁親王殿下は、2006(平成18)年、すべてのご要職から退いた後も日本レクリエーション協会の

名誉顧問としてご就任いただき現在に至っています。
 とても親しみやすく接してくださった崇仁親王殿下は、時には地下鉄に乗られて日本レク協会事務局に

お出でになり、職員を驚かせました。その一方で、常に日本のレクリエーション運動の正しい発展をお心に

かけていただき、特にレクリエーション運動の中枢として期待されるレクリエーション指導者や、日本レク協会

職員に対して、厳しく、また温かな励ましのお言葉をかけてくださり、見守ってくださいました。

三笠宮崇仁親王殿下のレクリーションへの関わり

miyanenpyo1.png

miyanenpyo2.png

このページのトップへ